一目惚れ結婚の夫婦が離婚しにくい理由は?

トップページ > 一目惚れから結ばれる確率は? > 一目惚れ結婚の夫婦が離婚しにくい理由は?

日本では3組に1組が離婚する

ライフスタイルの変化によって日本人の恋愛観、結婚観も目まぐるしく変化していますが、これによって近年、離婚を選択する夫婦が急増しています。今から50年程前の離婚率が10%前後だったのに対して、2015年の離婚率は35%と3倍以上に伸びています。これは日本人の結婚スタイルが、お見合い結婚から恋愛結婚へと移り変わっていったことが原因でしょう。

たしかに、愛がないのに結婚生活を続けるくらいならスパッと離婚を選択した方がお互いのためですが、せっかく愛し合って結婚した相手とは離婚したくないもの。そこで、離婚する確率が低いのは何婚なのか調べてみました。

一番離婚率が低いのは○○婚!

離婚率80%…授かり婚

妊娠を機に結婚を決意するカップルもいますが、残念ながら授かり婚の離婚率はトップの80%。結婚、妊娠、出産、子育てと目まぐるしく変わる環境がネックとなり離婚をしてしまうようです。

離婚率40%…恋愛結婚

結婚の形としてはもっともスタンダードであろう恋愛結婚の離婚率も決して低くありません。離婚原因は、性格の不一致やパートナーの浮気など…やはり恋愛と結婚は違うのでしょうか。

離婚率10%…お見合い結婚

相手の人柄、収入、家庭環境を知った上でお付き合いできるお見合い結婚は、離婚率は10%。しかし、相手に惚れ込んでいるわけではないので、家庭を支える共同経営者といった雰囲気になるそうです。

離婚率10%…一目惚れ結婚

一目惚れ結婚はお見合い結婚と同じく離婚率10%。しかし、実際の夫婦生活では一目惚れで結婚したカップルの方が仲睦まじく過ごせんだとか。ちなみに男性から一目惚れされた夫婦のほうが、より離婚率が低いそうです。