既婚者に一目惚れした時は

トップページ > 既婚者に一目惚れした時は

好きになった相手が既婚者だった!…さあ、どうする?

一度や二度なら『好きになった相手がたまたま既婚者だった』ということもあるでしょうが、一目惚れする相手が毎回結婚しているという人はいませんか?

恋愛とは自由なものなので、誰を好きになったとしてもその人の自由ですし、妻子ある男性に想いを寄せること自体は悪いことではありません。事実、日本女性の約7割が既婚男性に恋をしたことがあるそうです。それでも、既婚男性への一目惚れは『将来性のなさ』という点で考えると決してオススメできません…なぜなら、相手の男性と無事に結婚まで辿り着くことができることはレアケース。たいていは散々弄ばれた挙句に捨てられ、相手は家庭へ戻っていくという悲しい結末が待っています。

しかし、一度好きになってしまうと理性的に判断をするのは難しいものですよね。そんな時は「どうしてこの人に一目惚れしたのか」その理由を見つめ直してみませんか?きっとあなたが幸せになるためのヒントが隠されているはずですよ。

既婚男性を好きになる理由

年上の男性に父親を重ねている

幼いころに父親と接する機会が少なかった人や愛された自覚がない人は、自分の父親代わりになってくれる相手を無意識に求めるようになり、その結果、年上の男性に一目惚れや好意を抱きやすくなります。また、最も不倫にのめり込んでしまう人が多いタイプでもあるでしょう。

人のものだから欲しくなる

隣の芝生は青く見えるもので、誰かと結婚している男性もまた魅力的に見えるかもしれません。しかし、このタイプの女性はあくまでも誰かから略奪するのが好きなだけ。彼女や奥さんから男性を奪い、自分のほうが女性として魅力的であると感じたいだけなのです。

寂しいけど結婚はしたくない

誰からも必要とされない寂しさは埋めたいけど、結婚は面倒だからしたくないというタイプ。もしくは両親の仲が悪く結婚に良いイメージを持てない人も妻帯者に恋をしがち。交際して肉体的、精神的な寂しさを埋めることができ、結婚を考えなくて良い既婚者はこのタイプの人にとっては都合の良い相手です。

自分に足りないものを埋めてくれる人を好きになる

これ以外の理由でも既婚者に恋をする人はいるかもしれませんが、どの理由にも共通していることがあります。それは『自分に欠けているものを相手に求めている』というところです。

例えば、相手に父親の影を重ねている女性は『父から愛されたという経験』を、人の恋人を略奪する女性は『魅力的な女性であるという自信と実感』を満たそうとしています。

もちろん、恋愛を通して満たされようとする願望自体は誰もが持っているものであり、否定されるべきものではありません。しかし、求めるばかりで与えない、独りよがりな恋愛をしていて幸せになれるのでしょうか。その先に本当の愛情はあるのでしょうか。

あなたが「今さえ幸せならそれでいい!」という刹那主義的な方ならそれでもいいかもしれませんが、心から愛されたいと願っているのなら、今一度、自分の恋愛観を見つめ直す必要があるのかもしれません。