状況で変わるアピール方法

トップページ > 一目惚れしたときのアピール方法 > 状況で変わるアピール方法

状況別!気になる彼へのアピール方法

一目惚れは状況によって攻略難易度とアピール方法が大きく変わります。今回は『どうやってアピールするのがベストなのか』状況別で紹介します。

①友達の友達に一目惚れ

最も攻略難易度が低いであろう一目惚れです。このケースではどれだけ友達や同僚が協力してくれるかに全てがかかっています。友達という接点があれば、彼と会うことも連絡先を交換することもグッと簡単になるでしょう。「あの人彼女いるの?紹介してよ!」と相談してみましょう。

②職場、取引先の人に一目惚れ

顔を合わせる機会はあるけど気軽に話しかけられる間柄ではないという場合は①よりやや難易度が上がりますが、それでもまだまだ低難易度。仕事を介して知り合った関係なら、忘年会や接待などお酒の席が狙い目です。アルコールで気持ちが大らかになっている状況なら多少思い切ったアプローチをしても大丈夫!

③お店の店員に一目惚れ

店員さんに一目惚れしてしまったら、まずは顔を覚えてもらうためにそのお店の常連になることから始めましょう。飲食店なら同じ席で、同じ注文をすると一層印象に残りやすくなります。彼があなたの顔を覚えてくれたら連絡先交換を…と言いたいところですが、向こうはあくまで仕事中。彼に連絡先を尋ねるのはやめて、こちらの連絡先を書いたメモを渡すと良いでしょう。

④通勤電車で一目惚れ

毎朝電車で見かける素敵な男性とお近づきになるのはかなり高難度です。まずは会話のきっかけ作りが重要。彼の前でハンカチを落とす声をかけてもらうとか、わざとぶつかって謝るなどの方法で会話のチャンスを演出しましょう。ポイントは『いかに自然に会話の必要性を生み出せるか』です。

⑤すれ違った人に一目惚れ

街中で偶然見かけた人に一目惚れしてしまったという場合は非常に高難度…というよりほとんど運任せです。今を逃せば二度と会えないかもしれない相手なので、玉砕覚悟で思い切って声をかけてしまいましょう!その時に相手に警戒されないコツは、誠意を持って対応することです。