一目惚れから恋人になれた事例

トップページ > 一目惚れしたときのアピール方法 > 一目惚れから恋人になれた事例

一目惚れから付き合うことができた成功例

一目惚れから交際へと発展した事例をインタビュー形式でご紹介します!

今回、取材にご協力いただいたのは飲食店で働く29歳のTさん。一目惚れした彼と恋人になり、現在婚約中というなんとも羨ましい女性です。では、Tさんと彼の馴れ初め、一目惚れを成就させる秘訣を聞かせていただきましょう。

彼に自分のことを知ってもらうまでが一番大変でした

―Tさんが彼に出会った場所はどこだったんですか?

Tさん:職場ですね。私がオフィス街にあるフレンチレストランで働いているんですが、そこにランチを食べに来た彼に一目惚れしました。

―店員さんとお客さんという出会いから、どうやってアプローチしていったんですか?

Tさん:彼はそれから決まったペースでお店に来てくれるようになったので、とにかく顔を覚えてもらおうと思ってお会計の時に目を見て笑いかけたりしてましたね。あ、あと彼が来店しそうな日は絶対に休まないようにしてました(笑)

―連絡先は彼の方から聞かれたんですか?

Tさん:彼から聞いてくれたら良かったんですけど、私からですね。でも私は仕事中で彼に連絡先を聞けなかったので、「よかったら連絡してください」って自分のLINEのIDを書いた紙を渡しました。

―連絡先を渡す時は緊張されたんじゃないですか?

Tさん:断られたらもう会えなくなるかもっていうのはありましたし、店員とお客さんという立場だったので悩みましたけど、このままじゃきっと進展しないなと思ったので…直接の知り合いではなかったので、ダメだったときのダメージが少なかったというのも大きかったです。

―その後、めでたく彼から連絡をもらったと

Tさん:彼から初めて連絡をもらった時は仕事の休憩中だったんですけど、その日は一日中ニヤニヤしちゃいましたね(笑)

―そこから交際に至るまでに苦労されたことはありましたか?

Tさん:そうですねぇ…お互いのことをほとんど知らない状態からスタートしたので、最初は探り探りでした。あとは、私と彼の休みが合わなくてデートの予定が立てにくかったです。でも、彼を一目見た瞬間から「絶対に付き合う」って決めてたので諦める気はありませんでした(笑)